オルゴール博物館

2/28の結婚式の前日に天童に入った私。
足湯などでおひとりさまを満喫する前に、
実はオルゴール博物館にも行ってきました。

観光地によくあるオルゴール館かなぁと
時間つぶしにぶらっと入ったけど、
親切にオルゴールの歴史を教えてもらって勉強になりました。

天童オルゴール博物館10

こちらが初代オルゴールの「シリンダーオルゴール」。
天童オルゴール博物館8
円筒に打ち込まれたピンが、鋼鉄の歯を弾いて演奏されます。

次の時代は、「ディスクオルゴール」。
ディスクを変えることによって、いくつもの曲を
聴くことができるようになったそうです。
天童オルゴール博物館4 天童オルゴール博物館5
右の方は、扉の右側からコインを入れると鳴るオルゴール。
酒場などで使われていたそうです。
ディスクの他にベルも入っていて、にぎやかな音でした。

これは、「オートマタ」という自動人形のオルゴール。
天童オルゴール博物館6
手や足、顔の目や口の表情が、とても精工に作られていて驚き。
音楽を引き始める動作から、引き終わる動作までが一連の動きになってました。

これもオルゴールだと聞いて、また驚きました。
椅子の中にオルゴールが入っていて、座った重みで鳴り始めるそうです。
天童オルゴール博物館7

自動オルガンは、見たことがあります。
送った空気が穴の開いている筒から出て、
穴が開いている紙の穴と合ったときにパイプを通して音がでるそうです。
天童オルゴール博物館9
私も廻してみましたが、ちゃんとした曲に聞こえるように
一定の力で廻すのは大変でした。

展示室では、オルゴールの演奏があります。
100年以上も前に作られた、大きな自動オルガン。
ちゃんと音が鳴り、自動的に曲が演奏されました。
天童オルゴール博物館2
大きな音が響きわたりました。
このまま、これから先、何十年も何百年も受け継がれて、
私が聞いた音と同じ音を、先の人が聞けたらすごいなぁと思います。

こちらの展示室では、上の写真のように
オルゴールを年代別に説明しながら演奏してくれました。
天童オルゴール博物館3
最後の演奏時間だったためか、観客は私ひとり。。
説明する方と、一対一で回りました。なんて贅沢。

オルゴールって曲を聴く道具だったなんて知らなかった。
今のオルゴールって、サビが繰り返されるだけで、
1曲通して鳴るものはないし。
そして、それが、蓄音機、レコードによって、使われなくなったとは。
う~ん、歴史があるんだなぁ。


------------------------------------------------------------------
◆店舗情報◆
店名   :天童オルゴール博物館
住所   :〒994-0022 山形県天童市貫津鍬ノ町2567
電話番号:023-651-0656
営業時間:9:00~17:00
定休日 :第3火曜日
HP   :http://www.arsbel-tendo.com
------------------------------------------------------------------

関連記事

comment

post a comment


管理者にだけ表示を許可する

trackback

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

FC2カウンター

QRコード

QR

LOVE in Action

雑貨などなど

お買い物

アクセス解析

マウスについてくる星

kokoronagu

*消しゴムハンコ オリジナルブランド*

  === kokoronagu ===

ホームページはこちら
 → kokoronagu

オーダーお受けしております。
詳しい内容については、上記のホームページをご覧ください。ご注文もそちらからお願いします。

ブログでは、過去の作品は左側カテゴリの
 → 消しゴムハンコ
 → 消しゴムハンコ◇オーダー◇
をご覧ください。

※本ブログに記載されている全ての画像・図案・デザイン・作品の複写・転用・販売・使用・模倣・盗用を固く禁止じます。使用はご遠慮ください。

お世話になっているお店

 由利本荘市
 『いちこま さぬきうどん』
  → ブログ
 ハンコとオーダー冊子を
 置かせていただいています。

 秋田市
 『RAFFy』
 ハンコとオーダー冊子を
 置かせていただいています。

ブログ内検索フォーム

メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文: