ごてんまり教室

私が住む由利本荘の伝統的民芸品「ごてんまり」教室へ、
義母と一緒に行ってきました。

全国に「ごてんまり・御殿まり」はいくつかあるようですが、
三方にさがる房は本荘だけの特徴だそうです。
(↓教えてくださった先生の作品。)
ごてんまり教室9

市が主催の教室で、3日間の初心者コース。
「ごてんまり」の作り方を、始めから教えていただきました。

籾殻をビニール袋に入れて、
木綿糸でぐるぐる巻くことからスタート。

その後、金糸で十六等分に。
ごてんまり教室1
(1日目の午前終了時。)

今回は、3色で菊の花の模様を作りました。
1色目を縫っている途中。
ごてんまり教室2
(1日目の午後終了時。・・すでに均等じゃない。。)

まりに付ける下房と耳房も作成。
ごてんまり教室6
(2日目の午前終了時。)

2色目を縫っている途中。
ごてんまり教室3
(2日目の午後終了時。)

3色目も縫い終わりました。
ごてんまり教室4
(2日目の宿題として完成。)

真ん中に帯を付けて、金糸で留めていきます。
ごてんまり教室5
(3日目の午前終了時。)

房を付けて、完成。
ごてんまり教室

3日間+α(宿題)で、
円周30cmほどの「ごてんまり」ができました。

完成まで、なかなか大変でした。。
一針一針、糸をきれいに見せながら縫うし、
針を刺すのにも力が必要。

肩や背中が凝ったのか筋肉痛なのか、
バリバリになってました。。
でも、おもしろかった。

色の組み合わせも難しい。
単にメインとする色を並べただけの色合いではなく、
金糸や帯の色で出来上がりの雰囲気が
変わってくるようです。

上級者になると、こんなアイディア作品も。
サンタクロース 。
ごてんまり教室7
(教えてくださった先生の作品。)

こういうまりも、鮮やかできれいだなぁ。
ごてんまり教室8
(教えてくださった先生の作品。)

普段出会わない方々や、交流することの少ない年代の方々と、
助け合いながらの教室、楽しかったなぁ。

これで、一応「ごてんまり」の作り方は理解した(と思う)ので、
忘れないうちに自分で作ってみようと思います。
またひとつ、趣味が増えるのかな。。
関連記事

タグ:ハンドメイド ごてんまり

comment

とってもきれいですね。

v-283素敵な作品ですね。
色合いがとてもきれいです。
確かに房が3つは珍しいかもしれません。
初めてみました。
  • 2010/11/30(火) 21:13 |
  • こたにゃん |
  • URL
  • [編集]

★こたにゃんさん★

ありがとうございます^^
はじめ、色の組み合わせに失敗した~;;と
思いましたが、なんとか形になりました!

東北地方では、山形県にも御殿まりがあるようです。
いつか見に行ってみたいなぁ~♪

post a comment


管理者にだけ表示を許可する

trackback

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

FC2カウンター

QRコード

QR

LOVE in Action

雑貨などなど

お買い物

アクセス解析

マウスについてくる星

kokoronagu

*消しゴムハンコ オリジナルブランド*

  === kokoronagu ===

ホームページはこちら
 → kokoronagu

オーダーお受けしております。
詳しい内容については、上記のホームページをご覧ください。ご注文もそちらからお願いします。

ブログでは、過去の作品は左側カテゴリの
 → 消しゴムハンコ
 → 消しゴムハンコ◇オーダー◇
をご覧ください。

※本ブログに記載されている全ての画像・図案・デザイン・作品の複写・転用・販売・使用・模倣・盗用を固く禁止じます。使用はご遠慮ください。

お世話になっているお店

 由利本荘市
 『いちこま さぬきうどん』
  → ブログ
 ハンコとオーダー冊子を
 置かせていただいています。

 秋田市
 『RAFFy』
 ハンコとオーダー冊子を
 置かせていただいています。

ブログ内検索フォーム

メールはこちらから

名前:
メール:
件名:
本文: